デンケンの特殊線面ヒーター

導電塗料を多層コーティングした発熱糸を織り込んだ織布に絶縁外皮を設けたヒーターです。
他の面ヒーターには無い独特の構造と多彩な特徴、安全性をもっています。
フレキシブルで曲面にも密着し、お客様の創意次第で用途は無限に広がります


線面ヒーターの分類

面状ヒーターは、「給電方法」と「発熱素子形状」により以下のように分類されます。

給電方法による分類
                
直列接続電極間は一本の線で接続されている。イメージ画像
並列接続二本の電極間に複数の発熱体素子が並列接続されている。イメージ画像
発熱素子形状による分類
直列接続タイプニクロム線に代表される発熱する電線を面状に加工したもの。
面ヒーター導電体を布やフィルム上に均一に定着させ、面全体を均一発熱させるタイプ。
線面ヒーター線状の発熱素子を面状に密に配置し、面ヒーターのように温度ムラのない発熱をしながら、線ヒーターの安全性を合わせ持つ。

線面ヒーターのメカニズム

導電糸繊維に特別配合した導電性塗料をコーティングした電気を通す糸です。
ヒーター構造両側に電極線を配置しており、抵抗器が並列に接続されているような構造になっています。従って、ヒーター直上温度は裁断寸法に左右されず、どこを測っても温度は一定でムラがありません。イメージ画像
発熱部の断面縦糸に絶縁体、横糸に導電糸を使用して織り合わせたものです。イメージ画像
ラミネート素材
塩化ビニール
室内ユースで十分な絶縁性能を持ち合わせています。(写真は、ヒーターカット面を絶縁処理したあと、リード線取付。絶縁パッチ(塩ビ+PET)を熱溶着したもの。イメージ画像

線面ヒーターの特徴

線面ヒーターは世界で唯一、他のヒーターには無い独特な構造をもっています。
温度ムラのない均一な発熱は勿論のこと、長手方向の寸法が変わっても発熱量が一定です。

安定した発熱能力
線面ヒーターは、長さが変わって出力が変わっても、発熱温度は一定です。
直列電極のヒーターでは・・・
直列電極の線状ヒーターは、長さが変わると出力の変化に伴い、発熱能力も変わってしまいます。
イメージ画像
並列電極の線面ヒーターなら・・・
並列電極の線面ヒーターは、同一の電極幅なら長さが変わっても、出力が変わっても発熱温度は一定です。長さを自由に調整できます。
イメージ画像
容易な温度設定

設計変更が生じた場合、導電糸の織り込み密度を変えるだけで済むため、希望の出力設定にし易くなっています。

面ヒーターでは・・・
設計変更が生じた場合、塗布厚みや導電率を変えなければならないので 発熱設計が難しく、また厚みムラ等のばらつきが出やすくなります。

線面ヒーターなら・・・
設計変更が生じた場合、導電糸の織り込み密度を変えるだけで済むため、自由に出力を設計できます。

イメージ画像

大きな電気容量

電極線帯の各電線が短絡結束されている(特許電極)ため、各電線の合計容量が「電極線帯の電気容量」となり大きな電気容量が確保できます。
このため、長尺製品にも使用できます。


取扱注意事項

線面発熱体の設計、製品の加工に当たっては、以下の事項を守ってください。

ヒーター表面温度は、80℃以下になるように制御してください
ヒーター表面温度は、80℃以下になるよう制御してください。
これ以上の温度になると、ヒーター本体が熱変形する可能性があります。
一度熱変形が生じると元の形に戻りません。

重ね合わせ禁止
ヒーターの発熱部どうしの重ね合わせはできません。
重ね合わせ部に異常こもり熱が発生し、熱の逃げ場が無くなり、ヒーターが破損します。

寿命について
線面ヒーターに限らず、ヒーターには必ず寿命があります。
ヒーターは消耗品であることをご承知おきください。
寿命はヒーターにかかるストレス次第、商品設計により大きく左右されます。
一般的には、ワット密度(出力÷有効発熱面積)の低いものほど長寿命になります。
また、寿命が尽きるまで、どのような経過を辿るかが重要ですが、断線・穴あきで異常発熱が起きず、安全に劣化していく線面ヒーターは、貴社製品の信頼性を確実に高めます。
商品企画時に技術者が伺います。お気軽にご相談ください。


在庫一覧

製品幅:26cm~80cmの製品を取り揃えております。
お問い合わせをお待ちしております。

標準在庫品種
製品製品仕様
SM74 電極幅74cm、製品幅80cm
SM54 電極幅54cm、製品幅60cm
SM43 電極幅43cm、製品幅50cm
SM32 電極幅32cm、製品幅37cm
SM19 電極幅19cm、製品幅26cm

標準品は全て塩ビ外皮。発熱能力△tは1c㎡あたりの出力、ワット密度で決まります。発熱能力△tは、15℃程度~40℃程度。
ヒーター表面温度=環境温度+発熱能力+α(放熱条件による)です。
ヒーター表面が80℃を超えないように制御していただく必要があります。

特注品の製作

特注サイズ、出力も承ります。ご相談下さいませ。